みなかみ町絵本コンテスト
作品名:「こうくんとみなもん みなかみまちのふしぎなぼうけん 」
ペンネーム:「あやか」さん
作品名:「ローとポピュ 〜みなかみ町のおともだち〜」
ペンネーム:「久世 エリカ」さん
作品名:「ここからはじまる物語」
ペンネーム:「たんたん」さん
作品名:「きらきらの森」
ペンネーム:「ねこひ」さん

過去のnews
御礼 作家さん紹介 Vol12
奥利根豪雪地帯!!作家さん紹介 Vol.11
秋の新そば! 作家さん紹介 Vol.10
SLと冬景色 作家さん紹介 Vol.9
お米番付2014に入選! 作家さん紹介Vol.8
ダムカレー!! 作家さん紹介 Vol.7
千と千尋の神隠しみたいな温泉 作家さん紹介 Vol.6
綺麗なところでしか見れないもの 作家さん紹介Vol.5
古民家で手作り体験!作家さん紹介Vol.4
果物が美味しい町 作家さん紹介Vol.3
激旨の新米入手!作家さん紹介Vol.2
自己紹介&作家さん紹介Vol1

みなかみ町絵本コンテストの流れ

流れ

募集の内容について

募集要項

●参加資格

18歳以上のプロとして絵本を出版していない個人の方。

●物語

群馬県みなかみ町をテーマ・舞台として、

水の妖精(メインキャラクター)と、

木の妖精(サブキャラクター)が登場する物語となること

●タイトル

絵本のタイトルは、自由です。

●絵本の対象年齢

3歳〜5歳(幼稚園児)

例)アンパンマン、くまのぷーさん

●大きさ・ページ数

A4(縦横どちらでも可)

表紙を含めずに16ページ〜20ページ

1枚の用紙の表面で1ページとカウントします。

●賞金

みなかみ町大賞30万円、優秀賞5万円

応募と選考

●コンテストの応募

絵本を作成したい!と思った方は、「コンテストに応募する」から、氏名等を入力して申請を行ってください。

※絵本の内容は、ご応募した後に考えてくださいね。

●メインキャラクター「水の妖精」の作成

9月30日(火)までに、絵本のタイトル、メインキャラクター「水の妖精」の名前および画像、絵本のあらすじを作成し、専用ページに投稿してください。

投稿した内容は、作品をチェックしたうえで、Webサイトにペンネームで紹介されます。

なお、Webサイトの「いいね」の投票数は、直接的に審査には影響しません。

9月30日(火)をもって、ご応募の締切とさせていただきます

●完成原稿の作成

11月30(日)までに、絵本のすべてを完成させて、専用ページに記載された指定の宛先まで投稿してください。

●選考方法

コンテスト投稿作品については、厳正なる審査の後、優秀作品を決定します。

12月9(火) 優秀作品の発表

12月下旬「みなかみ町大賞」の発表

版権・商標権

●キャラクターの著作権

みなかみ町大賞として当社に採用された投稿作品の著作権は、当社に帰属するものとします。

ただし、みなかみ町に関係する企業および団体に対しては、受賞作品のキャラクター利用を無料で提供します。

絵本コンテストへの想い

群馬県利根郡みなかみ町を皆さんご存知ですか?

群馬県は最北端のとても広い町で、群馬県有数の温泉地である他に、春から秋にかけて、ラフティングやパラグライダーができ、冬はスキーヤーやスノーボーダーが集まる、大自然のアクティビティスポットです。

東京から新幹線で1時間ちょっと、車でも2時間ちょっとで行けるので、ご家族の旅行や、友達とのアウトドアに大人気です。

また、SL、谷川岳、首都圏に水を供給する利根川水系をイメージする方もいらっしゃるでしょうね。

一方で、都心から離れた地方の町は、過疎化の流れが止まらず、みなかみ町でも工房が閉鎖するなどの状況が続いています。

そこで、絵本という物語の力を使って、みなかみ町が持っている沢山の魅力を感じてもらい、みなかみファンが増えて、遊びにも暮らしにもよい素敵な町にしたいな!という想いで、今回の絵本コンテストをスタートしました。

また、みなかみ町の子どもたちにも、自分の町をもっと好きになってもらえるよう、出来上がった絵本は幼稚園や子供たちが集まる場所などに寄付する予定です。

さらに、みなかみ町の企業や団体には、絵本キャラクターは無償で使っていただける形をとる予定です。

キャラクターのLINEスタンプも作っていくかもしれません。

そんな明るい未来への想いもあって、サイト名は、みんな来て!みなCOME.netと、楽しいネーミングにしてみました。

趣味で絵本やイラストを書いている方でも、今まで物語を書いたことがない方でもまったく問題ありません。

みなかみ町をもっと知って、もっと好きになろう!なんか楽しそうだから一緒に盛り上がっていこう!というお気持ちで、今回の絵本企画に参加していただけましたら幸いです。